クラブ年間計画表
通常例会・会場
「割烹旅館はまぐり荘」
例会日時 毎週火曜日
       12:30~13:30
例会変更はこちらから


2017-2018年
国際ロータリーのテーマ
『ROTARY:
MAKING A
DIFFERENCE』

日向東ロータリークラブバナー

活動報告

                      2017-2018年度

秋田浩二会長【所信表明】

〇クラブの重点活動計画

.会員全員が参加できる例会づくり

2.会員増強と退会防止の推進

3.各種奉仕活動の実践

1について)

具体的には、今までは個々で「ロータリーの友」や「ガバナー月信」をじっくりと読む機会があまりなかった。→ 「会長の時間」のあとに、「ロータリーの友」、「ガバナー月信」を学び合う時間を持つ。(つまり・・)→ 全会員持ち回りで記事の紹介や感想などを語る時間を設けて、ロータリーを理解する機会を増やす → 持ち回りで発表することで、年に少なくとも一人当たり2~3回の発表機会を持つことになる。(ただ聞くだけの例会では残るものが少ない・・・)“全員参加の例会づくり”

2について)

会員増強については、“純増2”という目標を設定。6月30日付けで会員数29名なので、年度末時点で31名にしたい。昨年度は若い新入会員が4名誕生したおかげで、クラブの活性化が大いに図られたので、今年度も、特に30代、40代から50代前半くらいのの若い会員や女性会員の増強を重点的に行っていく。かなり厳しい数字ではあるが、クラブの将来を考えたときに、是非ともやらねばならないこと。増強委員長の黒木孝幸さんをはじめ、全員の協力をお願いしたい。

退会防止については、例会に3~4回連続して欠席している会員については、正当な理由で休んでいる場合を除いては、私と紹介者で訪問し、話を聞いてあげるなり、激励をしてあげるなりして、退会に結びつく要因を取り除いてあげる努力をしていきたい。そのためには、出席委員会と連携を取りながら進めていきたい。

3について)

奉仕活動については、以下の活動を計画している

★日向・門川4クラブ合同での奉仕活動;4クラブ会長幹事会を今まで2度行い協議 → お金のかかることであり、地区補助金も申込期限が過ぎており引き出せないので、何をやるかの結論に達していない。

(奉仕活動とは関係ないが、今年度は4クラブ合同ゴルフコンペと、合同新年会をやるということは決まっている。)

今までうちのクラブでやっていたバザーを、4クラブ合同で行なえば、

品物も数多く集まるので、それで困っている団体等に寄付をしてはと

いう話しを出しているが、まだ具体化していない。

★今年度のライラは、うちのクラブがホストになるので、しっかりと準備して臨みたい。せっかく青年たちが数多く集まるので、ロータリーのよさを目いっぱいアピールできるような企画にしたい。 → ロータリーのよさを実感してもらえば、将来彼らがロータリアンになる可能性も大きくなる。 三樹・新世代委員長にはその分負担がかかることとは思うが、その負担をみんなで協力して分担していこうと思う。

〇そのほかの重点活動

クラブ財政健全化のための施策;

クラブ財政が危機に瀕している要因は、自クラブの近年の会員数減少もさることながら、ほかの2クラブの会員数が激減したため、事務局費への負担が、うちのクラブの会員数が最も多い分かなり大きくなっていることが一番である。そこで、財政の健全化を図るために・・・

⓵祝日該当週の休会の導入・・・5回/年(7月、9月、10月、2月、3月)

②募金箱の活用・・・以前に耕作会員に作ってもらった「ロータリー財団寄付用募金箱」を活用し、クラブの事業費補填用として、月に1回でも2回でも、例会に来た時に募金箱に寄付をお願いしたい。

(1000円でも500円でもいいので・・)募金箱は毎週受付の机の

上に置いときます・・・。

※実質的な会費の値上げと思われるかも知れないが、月の内1回でも飲

み会の回数を減らしてもらうなどして、何とか募金をひねり出して

もらえばと思います。

クラブ研修委員会の設置

「マイロータリー」への登録


平成29年 7月4日(火)

前年度太田勝之会長から新年度秋田浩二会長へ点鐘木槌の伝達式が取り行はれました
1年間どうぞよろしくお願いいたします。